全国の脳神経外科と専門医師の分布状況は?

脳神経外科医師TOP >> FAQ >> 全国の脳神経外科と専門医師の分布状況は?

全国の脳神経外科と専門医師の分布状況は?

目に見えないだけに、気づいた時には非常に深刻な症状になっていることも多いのが脳神経疾患になります。この脳神経疾患を集中的に治療してくれるのは脳神経外科の医師となりますが、全国にはおよそどの程度の脳神経外科と専門医が存在しているのでしょうか?

2014年時点の推計になりますが、総合病院や一般病院が2,500カ所程度、クリニックになりますと2,000カ所近くになるようです。また、脳神経外科の専門医の人口になりますと6,000人以上は存在している計算になるようですが、毎年減少傾向にあって平均しても各病院に2人もいない計算になります。 これを見ただけでも、日本における脳神経外科の医師人材が如何に厳しい状態であるかが分かることでしょう。

医療機関の数自体は全国的にも万遍なくある状態で、各地域の人口を考慮してみてもそれほど偏在している状況ではないのです。しかし、問題なのはその脳神経外科の医師数の偏在にあると言えます。どんなに医療機関内に優秀な治療施設がそろっていても、それを使うことができる専門医がいないとまずは話になりません。

また、多くの脳神経外科の医師は最新の治療にて多くのケースが期待できる都市部で勤務する傾向にあり、地方の医療機関に至っては常勤の専門医を確保するだけでも大変な苦労が絶えない状況になります。さらに、最近は全国的に脳神経外科の医師人材がどんどん減ってきている状況にありますので、求人難は遅かれ早かれ都市部の医療機関へも押し寄せていくことになって行くのです。

さらに、脳神経外科における大きなジレンマの1つとして、優秀な専門医とそうでない専門医の差がとても激しいということになるでしょう。現時点では都市部のような人口密集地では脳神経外科の専門医師自体は見つかりやすくはあっても、頼りになる専門医がなかなか見つからないと言う状況が少なからず存在しています。

特に優秀な医師は地方に存在することもあり、その際は地方在住の脳神経疾患を持つ患者がオペを受けることができないなどの弊害が出てきているでしょう。よって、脳神経外科の医師が抱える状況として全体人材の減少と共に優秀な人材の確保難という二重苦を抱えていることになるのです。

さて、そんな脳神経外科の医師としてより充実した職場を模索していくのであれば、転職エージェントなどへ無料登録を行っていくことにしましょう。個人で求人をチェックしていては条件の交渉などで苦労しますので、強力なエージェントの力を借りることがベストになります。

医師の脳神経外科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 脳神経外科の医師求人ナビ All Rights Reserved.