脳神経外科の医師になるメリット・デメリット

脳神経外科医師TOP >> FAQ >> 脳神経外科の医師になるメリット・デメリット

脳神経外科の医師になるメリット・デメリット

日本の医療において外科医と言えば最後の砦というイメージが強いものですが、その中でも非常に発覚し難くて治療そのものが難しいのが脳神経疾患における外科治療となっていきます。その難易度の高い脳内疾患の治療を行っていくのが脳神経外科の医師となりますが、その医師になるメリット・デメリットを見て行きましょう。

基本的に脳神経疾患の外科治療というのは止むに止まれぬ病状になっていることが多いものです。つまり、オペをしなければ病状はさらに悪化して生命の危険がどんどん増加して行きますし、オペをするにしても危険な部位に対する執刀の場合もあって結果によっては普段の生活ができなくなるかもしれません。

このようなもう後には引けない患者さんの苦痛を軽減すべく果敢に外科手術に挑んで成功させることで、患者さんが普通の生活の戻って喜ぶ顔をみることができますのでそれは外科医として非常に大きな喜びとなって行くでしょう。 さらに、困難な手術を成功させることで医師として人間として非常に高く成長を感じられることが、まさに脳神経外科の医師にとっての最大のメリットと言えるでしょう。

しかし、脳神経外科の医師になるということは必ずしもメリットばかりではなく、業務上では色々なデメリットも感じる場面が多くなります。

・プライベートの時間が無い
・身体的な負担が大きい
・医療ミスのリスクが高い

一般的に脳神経外科の医師に関しては、頻繁なオペが発生することもありますが患者の容体云々で常に呼び出しのリスクが高くなって行きます。それは休日だろうが夜だろうが全く関係ありません。特に成り手が激減している脳神経外科医だからこそ、状況はなおさら深刻でプライベートの時間も取るのが難しいでしょう。

また、度重なる外科手術により体力的な消耗は限界まで追い詰められます。これにより脳神経外科の医師にとって健康管理は最大の問題であり、常に健康を維持しておかないとオペの質までも影響して行くのです。

さらに、脳神経外科の疾患となりますと動脈瘤や腫瘍の場合が多くなるのですが、患部が神経細胞に隣り合わせのケースも非常に多くなっています。そのような経緯もあって、医療ミスが起きやすい環であると言うことができます。それにより、医療訴訟を起こされて悩む医師も珍しくありません。

そんな非常に厳しい環境にある脳神経外科における医師のキャリアアップを進めて行くのであれば、求職支援サービスなどへ無料で情報エントリーを行っていくことにしましょう。キャリアコンサルタントが求人をマッチングしてくれますよ。

医師の脳神経外科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 脳神経外科の医師求人ナビ All Rights Reserved.