脳神経外科の医師って意外に人気が低い?

脳神経外科医師TOP >> FAQ >> 脳神経外科の医師って意外に人気が低い?

脳神経外科の医師って意外に人気が低い?

患者が有している病状によっては後遺症を残してしまう脳神経疾患になりますが、それでも早めに治療を進めることができれば長期的にコントロールできると言われています。その脳神経疾患の専門治療を行うのが、脳神経外科の医師となりますがその業務は大変な激務となって行くのです。

研修医でもこれから脳神経外科の医師として活躍したいと思っている方もいるでしょうが、実は脳神経外科の医師は意外に人気が低い診療科医師であるということをご存知でしょうか?その大きな背景に、上述の業務が激務でありながらも年収がそれほど高くはないという現実にあります。

これは脳神経外科の医師に関わらず、日本における医療従事者全般に言えることですが多忙な人材ほど年収が低くなっていく傾向にあるのです。それは、一般企業に勤務されている方であればとても奇妙に感じられるのでしょうが、忙しい医師であるほど所属している医療機関の業務における時間的拘束が激しいので収入はずっと一定のままとなるでしょう。

その一方で比較的時間を実に使える診療科の医師になりますと、休日に別の医療機関でスポット勤務が出来ることになり年収をさらに伸ばすことができると言う分けですね。

脳神経外科の医師になりますとまさにこのような多忙な医師の代表格となりますので、ここ近年の傾向になりますと医師の成り手として脳神経外科は大きく敬遠される傾向にあると言えるのです。また、脳神経外科になることを最もためらう原因となるのが医療訴訟に関するケースの多さになっていくでしょう。 この脳神経に関する疾患はまだまだ謎が多い症状も多く、さらに脳の構造や仕組みもまだ明らかにされていない状況での手術となりますので経験豊富な医師であっても常に手さぐりの状況で手術に取り込むことが一般的です。

総合病院では脳神経外科の常勤医が不足していることから研修医も積極的に受け入れていますが、脳神経外科ついては研修医を使えばコストが安く済むと言うことを飛び越えて少しでも研修医が欲しい状態になっています。 しかし、研修医も脳神経外科で勤務して常勤医の疲労困憊の様子を目の当たりにすることにより、結果的に脳神経外科としての道を断念すると言う負のスパイラルが実際に起こっているのでしょう。

そんな脳神経外科の医師としてやはりもっとスキルアップをしたいという方は、ぜひ転職エージェントへ無料で登録を行って自分に合う職場を見つけていくことにしてください。

医師の脳神経外科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 脳神経外科の医師求人ナビ All Rights Reserved.