脳神経外科の医師の業務内容は?

脳神経外科医師TOP >> FAQ >> 脳神経外科の医師の業務内容は?

脳神経外科の医師の業務内容は?

かつての日本はサラリーマンほど気楽なものはないといった世相も存在したほど、非常に大らかで働きやすい時代もありました。 しかし、ストレス社会となった現代日本ではサラリーマンにとっては、脳神経に強く負担を与えるほどの辛い時代になったと言えるでしょう。そして、そんな脳神経の異常を発見して、患者の状況に応じて適切な外科治療を進めて行くのが脳神経外科の医師となります。

この脳神経外科の医師の具体的な業務内容ですが、オペについては非常に細かい作業を行っていくことが知られています。もちろん外科医療だけを行うわけでは無く、外科治療の向かない疾病に関しては薬物治療も併用していきます。

・脳梗塞
・脳動脈瘤
・脳腫瘍

脳梗塞は、脳卒中の症状の1つになりますが高齢化と共になりやすくなるため特別な病気ではありません。脳梗塞は不規則な生活やコレステロールの高い食事などがリスクとなり、脳の血管が次第に詰まっていくことで血流が滞って脳からの伝達が各部に行かなくなります。

これにより手足がしびれたり、言語障害に陥ったりと生活に支障が出るようになります。脳梗塞は外科手術ができず、脳神経外科の医師は血栓を溶かしたり脳の腫れを抑えたりする薬剤を処方して症状の改善を促すことになります。

また、脳神経疾病にとって最近非常に増えてきたのが脳動脈瘤です。脳動脈瘤には幾つかの発生要因が考えられるのですが、基本的に破裂しなければ健康に影響を及ぼすことはありません。 しかし、大きくなって来ると破裂しなくても周辺の神経を圧迫したり、視神経への自覚症状が現れたりするようになります。一度は発生した脳動脈瘤は消えることはありませんので、如何に今後大きくならないようにするかを考えなければなりません。

脳神経外科の医師は、脳動脈瘤に関しては現在2つの方法で最新の治療ができます。1つは開頭後に脳動脈瘤の付け根にクリッピングして血液がこれ以上入らないようにすることで、一般的にオペ経験の豊富な外科医によって行われます。 もう1つは脳カテーテルを使った脳動脈瘤のコイル閉塞術です。つまり、脳動脈瘤にコイルを積めて固めてしまおうと言う治療法です。これは比較的新しい方法なので、その効果がどれほど続くのかまだまだ検証できていない方法となります。

さらに、脳神経外科の医師は難病の脳腫瘍も摘出することもありますが、脳腫瘍手術を得意とする脳神経外科の医師はまだそれほど多くありません。 そんな専門性の高い脳神経外科の医師へキャリアアップなら、転職エージェントへの無料登録を行っていきましょう。

医師の脳神経外科の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 脳神経外科の医師求人ナビ All Rights Reserved.